CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
The Encyclopedia of Natural Pet Care
The Encyclopedia of Natural Pet Care (JUGEMレビュー »)
C. J. Puotinen
洋書だけど、ホリスティックなペットのケアにはとても勉強になるです。(かなり字細かいです)
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
輸血協力のお願い(ボビーくん)
! 緊急!30日に手術のボビーくんを助けて!

体重25キロ以上で若く健康なわんちゃんと暮らしている飼い主さんで供血のために東京都 東大和市内の病院まで連れてきていただける方いらっしゃいましたらご連絡お願いします。


ゴールデンレトリバー 雄 8歳 ボビーくん。
バビとティムくんとも同い年ですねぇ。。
がんばれ、ボビーくん。
ご協力いただける方どうぞ以下のサイトにて詳しい内容をご覧くださいね。

このブログにいらしていただいてるサクラのははさんのサイトへのトラバです。
 病院 詳しくはこちら をご覧ください。

| 輸血のお願い | 20:55 | comments(4) | trackbacks(0) |
連絡先
バビをちょっと病院に預かっていただいたので、カフェによりました。
連絡先ですが、
help@caninecancer.jp こちらはメールアドレスですので、HPではありません。。ご了承ください。
こちらまでメールお送りいただけますと、私以外にも ふっちゃん、ゆず、れとまま、TIMパパ、りんママ、と6名へメールが配信されます。
6名で連絡を取り合い、現在の状況を返信できる状態の者がお返事するような体制を取っております。
現地でドタバタしていると当事者の者がお返事や対応が遅れてしまうため、協力していただいてます。よろしくお願いします。

また、TIMくんは先ほども会ってきましたが、本当に供血いただくと見違えるように元気を回復します。今朝もゲージの中から起き上がり尻尾を振っておはようを言ってくれました。
先日輸血いただいたときも歩けなかった状態から、軽快に歩くほど一時回復を見せていたのですが、再度輸血しなければいけない血液の状態になってしまったため、再度の輸血をお願いしました。
本当に、貴重な供血によってTIMくんもがんばれています。
心から感謝します。TIMパパも、お仕事と病院との行き来で、大変お疲れのご様子ですが、みなさんへ感謝の言葉を送りたいとおっしゃってました。

バビもTIMくんも、また、こうして輸血のお願いをしなくてはならないと思われます。
急に今日明日輸血となったときに、あわててしまう現状ですので、提供いただけるわんちゃんの飼い主さんへ、いざというときご連絡させて頂けますよう、よろしくお願いいたします。
ネットでは頭をさげて感謝を申し上げられなく大変失礼ですが、供血いただくみなさんにはもちろん、呼びかけてくださっているみなさん、応援くださってるみなさん、本当に皆さんのおかげさまで尊い命をつなぎとめております。本当にありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。

なお、なかなか私からメールのお返事ができない状況におりますこと、申し訳ございません。
| 輸血のお願い | 11:45 | comments(5) | trackbacks(3) |
TIMくんの輸血は無事終わりました
昨日告知いたしました、悪性リンパ腫のTIMくんへの輸血ですが、
急なことでしたが本日行われることとなり、無事に終了いたしました。
駆けつけてくれた2頭の黒ラブちゃんから、温かい血液をいただくことができました。
いばらちゃん、アシモちゃん、ほんとうにありがとう。

現在achixさんは週末から始まるバビちゃんの検査のため、
病院へ詰めております。ネット環境が整っていないため、輸血終了のお知らせを
エントリすることができず、申し訳ありませんとおっしゃっていました。
代理投稿にて簡単な概略のご説明のみにとどまってしまいましたことを重ねて
お詫び申し上げます。

今日の模様は後日achixさんからご報告があるかと思います。
また、トラックバックおよびコメントを下さった皆さんにも、直接お礼にうかがうと思います。
ご理解のほど、よろしくお願いします。
| 輸血のお願い | 00:17 | comments(5) | trackbacks(2) |
TIMくん輸血のお願い


先日25.26日と計5頭のわんちゃんから供血いただき、状態の良くなってきたTIMくんでした。本当にご協力ありがとうございました。

本日、ティムパパより連絡頂きました状況によると、
血液中に占める赤血球の割合=HCT(ヘマトクリット)の値が18%と落ちてきてしまっていること、トータルプロテイン=TPの値が4.9g/dlと、低下し重度の貧血状態に陥ってしまっています。昨日生化学検査により、TIMくんは「悪性組織球症」ではなく、「リンパ腫」との診断が出たばかりで、ある意味寛解率の高いリンパ腫で良かったと思った矢先、上記のような状態に加え熱が40度を超えております。
入院を続け、熱心に先生方に看ていただいておりますが、今週中にも、もう少し供血いただく必要があるとのこと。たびたびの呼びかけで申し訳ありません。

TIMくんがリンパ腫治療に向かえる様、再度、ご協力願えませんでしょうか

・今週中であること(前日もしくは当日でないと判断できないとのこと)
埼玉県まで足をお運びいただきたいこと。
体重30kg前後、で、健康な5歳未満のわんちゃん(1歳以下の子には負担がかかるとの事です)
・供血頂く際に、検査にはクロスマッチの検査も行いますので、時間がかかること。
(お預けも可能です)

上記の内容にご理解頂き、ご協力をどうかよろしくお願い致します。
また、詳しい病院の場所や日時につきましては、直接お知らせさせていただきます。

なお、ちょうどachixも週末でバビの検査に病院に行きます。
ご連絡先は、help@caninecancer.jp までお願いいたします。

追伸:呼びかけしてくださる方へ。
・上の写真はどうぞお使いください。
・ブログをお持ちの方、出来ましたらトラックバックなどよろしくお願い致します。
| 輸血のお願い | 21:54 | comments(9) | trackbacks(16) |
TIMくんだって!


昨日に引き続き輸血をしたTIMくんです。
今朝の時点でもHTCは20%くらいだったそうです。

そして、今日も急にもかかわらずかけつけてくれたわんちゃん達がいました。
検査結果を長い間待っていて、出番まで長くほんとにお疲れ様でした。


若干2歳という、めろんちゃん。ほんとにありがとうね〜 長い時間にも関わらず、
またゲージにしばらく待機していたにも関わらずとってもいい子でしたー

GRCJからの呼びかけていらしてくれた7歳のネイビーちゃん。
ぜんぜん若い!目もきれい、歯もきれい、そして血液状態もとってもよい。びっくりです。日ごろの管理がよいのでしょうねーとってもよい子で愛嬌をふりまいてくれました。ありがとうね〜お疲れ様でした。

やはりGRCJからの呼びかけて来てくださった ぷりんちゃん。
診察室では一躍人気者でしたね。w とってもおりこうさんで、パパのステイの声で、どんなに気になっても動かないえらい子だったー ほんとにお疲れ様でした。ありがとうね。

こうして、尊い血液でTIMくんのヘマトクリットの値は26%とあがっていました。
この勢いで、ご飯を食べて体調を整え次の治療へ進めそうですね。
見る見る元気になったTIMくんに、安心して私も病院をあとにしました。

お忙しい中をご協力いただいた、めろんちゃんのママパパのKさん、ぷりんちゃんパパのIさん、ネイビーちゃんのパパのSさん、ほんとにお疲れ様でした。
ありがとうございました。TIMくんのひどい貧血状態を救ってくれたことに心から感謝します。さーみんなで治ろうね〜 元気になったら笑顔でありがとうだねー
影ながらエールをたくさん送ってくださったみなさんにも、ほんとにありがとうございました。これからもどうかパワーを送ってあげてくださいねー
| 輸血のお願い | 22:30 | comments(3) | trackbacks(0) |
TIMくん無事輸血できました

(起き上がって歩く元気の出たTIMくんです)
今日検査のため初診に訪れたTIMくんでしたが、想像以上に様態が悪くなっていて、担架で運ばれて病院入りしたそうです。
その後、緊急に輸血を。とのことになり、幸い、バビのために待機してくださっていたみなさんへのご連絡が取れて、黒ラブのどんぶりくん、ゴールデンのキロロちゃん、ロビンくんがかけつけてくれました。
ロビンちゃんは、若すぎぃ〜ってのがあり w 監視役としてしっかり採血を見届けてくれました。

(バビのときにもかけつけてくれた、どんちゃんです。余裕よね?笑 ありがとう)


(一歳になってまだ1ヶ月というキロロちゃん、笑顔がたまんなくかわいい子でした。ありがとうね。)



(仲良く一緒に車で帰るときの、ロビンちゃんとキロロちゃん、ほんとにお疲れ様。ありがとう)

急の事だったにもかかわらず、かけつけて下さったTさん、Nさん、本当にありがとうございました。
ヘマトクリットの値が10%を切ってしまっていた状態だったとのことでしたが、無事輸血後は、18%という数字になっていました。
担架で病院入りしたのに、嘘のように立ち上がって歩き、用を足しにお外に出ることすらできていました。
ほんとに良かった。
まだ今日の検査の結果だけでは、明日も引き続き輸血になるかもしれないとの事で、明日のためにと、プリンちゃん、ネイビーちゃん、めろんちゃんが、待機して下さっています。
どの子もみんな元気にならなきゃね。
ヨシ!明日はバビの3回目の抗がん剤投与です。次はバビのがん細胞をやっつけなくては。また報告しまーす。
| 輸血のお願い | 21:30 | comments(1) | trackbacks(0) |
血液バンク


#なんかトラックバックできなかったので、、
いよいよ千葉市獣医師会が血液バンクを準備中
↑詳しくはペットポータル

おかげさまでバビは、供血のお申し出をいただいた方から輸血をしていただいて、こうして状態の悪い時を一時脱する事ができましたが、今後も起こりうる可能性は高いですし、ほんとに『血液バンク』の必要性を痛く感じました。

トラックバックさせていただいたペットポータルさんの記事にあるように、千葉県獣医師会で血液バンクが6月から登録開始になったとの情報が・・・
まだ問い合わせしてみていませんが、聞いてみようと思います。どのような仕組みになっているのか。

ほんとにいざというときに、そういう仕組みがあって欲しいよね。。
特に、交通事故なんて時にそんなにすぐにドナーを探すこともできないのだもの。

#内容とは裏腹に、元気にへそ天で寝ているバビですw
| 輸血のお願い | 02:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
第一回輸血していただきました
本日お友達の黒ラブちゃん どんちゃんも連れて輸血にかけつけてくださった
Hさん本当にありがとうございました。
大変長い時間バビのために時間を使わせまして、本当に恐縮です。

ミニョンちゃん、シスルちゃん、本当にありがとう。
沈静すらいらないお利口さんぶりに、病院の皆さんも驚いていました。
なんのことやらわからず連れてこられ、ママと離れ血を抜かれ、散々よねーー
ごめんなさいね。バビからも私からも本当にありがとう。
元気になったらバビに御礼にいかせますね。


ミニョンちゃんの新鮮血をさっそく輸血でいただきました。

なかなか我が子のように愛するわんちゃんの輸血を申し出てくださるというのは、どんなにお礼を言っても足りません。
本当に心からありがとう。


今日の輸血の結果をみて、次の輸血の日にちがまた決まると思うのですが
まだ次はいつかというのはわからない段階です。
先生からは、もうこれで終わりでは無いので引き続き内諾いただけるワンちゃんを確保しておいてください。とのことでした。

ほんとに、輸血のタイミングというのが前日くらいにならないとわからないことから、来ていただく方のご都合もあるのに申し訳ないと思っております。

バビは、今日の輸血前の時点で白血球も血小板も見違えるほど回復していて、これで輸血をしたらばっちりだ!と先生も笑顔でした。
もちろん輸血後また血小板の値もあがり、この後の好中球の安定にもつながるのではないかと、期待します。

次回の抗がん剤は違うものをアメリカから急遽運ぶことになりました。
ただ、冷蔵状態を維持し日本へ至急運ぶ方法が難しいことから、もしかすると
マイアミにいる友人が届けてくれるかも!なんてことにまでなってしまっています。
どうして日本に薬がないのよーーーー!!

マイアミのママもありがとう。。ほんとたくさんの人の力を借りてこんなに一生懸命治療してるんだもの。バビ絶対元気な笑顔でみんなにありがとうをいわないとね!

今日はネットにつなげない部屋にいるため、お礼もままならないと思ったのですが
近くにネットカフェがあるというのを聞き、御礼だけでもきちんと言いたいと思い
カフェにきました。
本当にありがとうございました。

また、今日適合と結果の出た どんちゃん、次回の輸血にご協力よろしくお願いいたします。どんちゃんの写真をどうやらデジカメに撮ってしまったようで
携帯からここへ送れなかった。。。ごめんねー
あとで、回線がつながりましたら、お送りします。
| 輸血のお願い | 20:48 | comments(5) | trackbacks(1) |
血液の状態
今日のバビたんの様子です。
あちさんは輸血をお願いした方への対応でお忙しいので、私が代筆させていただきますね。

現在バビたんの血液の中は、白血球の一部である好中球という成分が激減しています。
血液中の白血球の約半数は顆粒球といわれるものです。顆粒球はさらに中性の色素でよく染まる好中球と酸性色素で染まる好酸球、塩基性色素で染まる好塩基球に分けられます。
好中球は細菌などの異物を処理し、生体を外敵から防ぐ働きをしています。顆粒球の大部分は好中球です。好中球には異物の方に向かって進む遊走能と、異物を取込んで処理する貪食能があります。取込まれた異物は顆粒中に含まれる酵素や活性酸素により消化、殺菌されます。

好中球が減少すると、細菌に感染しやすくなり、感染症も重症化します。
500/μグラム以下になるとかなり免疫が落ちた状態ですが、バビたんはすでに
1000/μグラム近くまで落ちてきています。
このまま上向きになればいいのですが、落ち続けていくと危険ですので
G-CSF = 好中球コロニー刺激因子(ルナっちにも打つかも、と言われた薬です)を
投与する治療が始まっています。次回の抗がん剤投与までに、好中球の数をもっと
増やしておかなければならないからです。

また、腫瘍の合併症としてDIC(播種性血管内凝固症候群)が起こる可能性もあるため
ヘパリンという、血を固まらなくさせる薬を入れて、血管内に血栓ができるのを
防止する治療も行われる予定です。
DICとは、悪性腫瘍、感染症、ショックなどによって、血管内に血栓ができてしまう
状態をいいます。
血栓が頻繁にできると、血小板などの血液を固める成分が不足するため、出血しやすく
なります。臓器でも出血することがあり、そうなるとたいへんに危険です。
難しいお話ですみません(^_^; 
この処置の前段階として、1.6リットルという大量の輸血により、血流を促して
肺などに血栓ができないように予防するというのが今回の輸血の趣旨となっています。
これだけの血液を確保するために、大型犬を中心に、献血に協力していただけるわんこを
お願いしているというわけです。

抗がん剤を入れて5日ですが、腫瘍自体はまだ成長を続けています。
しかし、このように好中球が反応しているということは、薬は効いていると見ていいようです。
最初の輸血は明日から始まります。東京都内からゴールデンが2頭来てくれるそうです。
バビちゃんの血液が少しでも健康な状態に戻りますように。
献血を申し出てくださった皆さん、ほんとうにありがとうございます。
| 輸血のお願い | 00:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
明日から第一回輸血開始


今日行ったときのバビです。
また、のちほど詳しく先生からの説明について書きますね。
| 輸血のお願い | 19:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/2PAGES | >>